売り込むのに疲れたのでブッチャケ本音書いてます。

専業アフィ母が語る体験本音レビュー|あぶちゃんねる

「積立」と「掛け捨て」って何?保険で得するための基礎知識

更新日:

保険で損をしている人はこんな方

保険料って高いよね~、で止まってる方。
保険の見直しってよく聞くけど、全然わからないから見直しすら申し込みしようと思わない、という方。

こういう方は保険で損をしているかもしれません。

保険で損している人は基本的に「知らないだけ」で損をしている人ばっかりです。逆にちょっと保険の仕組みを勉強するだけで上手に見直しができるようになり、毎月の保険料を今より安くした上、保証も充実させることが出来ます。

ちょっと勉強するだけで保険のプランって自分でもちゃんと理解することが出来ます。私も保険は全くわからなかった人間ですが、0からやって理解でき、保険屋さんとも話ができるようになったので大丈夫です。

保険が全然わからない人のための超ざっくりな基礎知識

そもそも保険って何?

保険というのは未来に起こるかもしれない「よくないこと」に対して起きる前にお金を払っておき、万が一「よくないこと」が起きたときに払った以上のお金をもらうことです。

積み立てたお金の管理は保険会社がやっていて、まとめ役になっています。

保険には「積立」と「掛け捨て」2つのタイプがある

通常私たちが支払っているお金(保険料)は「積立」保険と「掛け捨て」保険で取り扱いが異なっています。

え?医療保険とはちがうの?

違います。

私たちが入ってる保険は細かい保険をいくつか集めて〇〇医療保険って名前をつけています。なので〇〇医療保険は細かい保険プランに分けられてそれぞれ保険料が決められており、それの合計が月々に払っている保険料になります。

「積立」と「掛け捨て」はその保険料(お金)が誰のものかを表したものって考えると分かりやすいです。

保険は複数プランがあつまってる

上の図を参考にざっくり簡単に説明すると、
「積立」型保険の場合、お金は自分のもので保険会社に貸しています。なので返してくださいといえば返してもらえます。

一方、「掛け捨て」型保険の場合は支払った時点でお金は保険会社のものになります。なので返してくださいといっても返してもらえません。

え?掛け捨てって返ってこないの?

じゃあ掛け捨ての割合が高かったら高い保険料を毎月払っててもあんまり戻ってこないってこと?

そういうことになります。

掛け捨ての割合が多いパターンとして、◯✕生命の「老後安心パック」みたいなパック式の保険や、1社で全部契約している保険は掛け捨ての割合が高いことがあります。

そういう場合は、解約しても積立分がわずかなので全部で総額100万円の保険料を払っていたのに積立分がわずかで解約したら戻ってきたのは10万だったってこともあります。

保険が読めないと損をする話は他にもある

また、がんになったら5000万もらえるからいいやー、など保障金の金額ばかりに目が行っていたら、実は65歳以降はがんになっても5000万もらえなかったり、40歳になったら保険料が倍になるというパターンです。

うちも大手に入っていましたがコレでした。しかも7年毎に保険料が増額する上、65歳以上は保証対象外(がんになっても保証金もらえないよ)だったんですね。

長くなったので続きは次回に回します。
定期的な増額がある「契約更新のある保険」や「何歳まで保険が適用されるのか」の見方についてはあらためて記事にする予定です。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

-保険のはなし

Copyright© 専業アフィ母が語る体験本音レビュー|あぶちゃんねる , 2018 AllRights Reserved.